退職代行

会社の辞め方は人それぞれです。辞めたいときが辞めるときです。

先日のカウンセリングで、退職することは決めましたが
さて、いつ辞めるか・・・
どうやって社長に退職を受理してもらうか・・・
退職はめんどくさい。どうでもいいパワーが必要ですよね。

 

 

私の円満退社は難しい

私は以前にも退社を申し出ています。
しかし
「今辞めるとみんなに迷惑がかかるのはわかっているよね?」
「みんなに迷惑をかけていいのか?」
そんな言葉に怖気づき辞められませんでした。

なんであのとき勇気を振り絞って、振り切って辞めなかったのだろうと今も後悔しているし
思い出してもあんな言葉に怖気づいたバカすぎる自分に腹がたちます。

 

ですが、あの時よりも話が通じないだろうなーと感じる社長に退職を切り出すのは不安でしたし
月末で他に3人の退社が決まっていたこともあって、すぐには辞められないかもしれないなーーーと目の前が暗くなりました。
退職はめんどくさい。なぜこんなにどうでもよいパワーが必要なのか・・・

 

退職は早くて1ヶ月先・・・というのが現状。
一般常識なのかはわかりませんが、多くの会社が「退職希望日の1ヶ月前までに申し出る」とされています。
なんとなく聞いたことがある「1ヶ月前申し出」という言葉。
なんとなく今までの会社でも退職するは1ヶ月前に申し出ていました。

 

しかし!
この会社に就業規則など存在しません。

配布もされていませんし、見たこともありません。

 

もし、社長に退職の話をして受理してもらえないようであれば・・・
退職代行さんを使っちゃおう!

 

 

退職代行という手もある!

ただでさえ、話が通じない社長に何時間も何日もかけて退職を受理してもらうために奮闘することになったらもう時間の無駄すぎます。

もちろん、自分の口から
「今の会社の状態だったら働き続けるのは無理です!会社辞めます。」と伝るのが理想ですが
そう簡単に話が通る相手ではないのです。残念ながら・・・
すんなりと受理されなかったときは、第3者に間に入ってもらおうと考えました。

 

まず思いついたのは「弁護士さんに入ってもらう」でしたが
イメージ的にお値段が高そう。時間がかかりそう。

 
そこで目に飛び込んできたのが「退職代行」という素晴らしいサービス
SNSでも退職代行の様子をリアルタイムでツイートしてらっしゃる方がいたり、成功した様子が次々と出ています!

 
なんという素晴らしい時代なんだろう・・・ジーーン
 

色々と調べてみると、様々な退職代行会社がありましたが
ちょっと怪しいなーと思う会社も・・・(すみません。)

1番良さそうだなと思ったのが「退職代行EXIT」さん。
使われている方の投稿が非常に多かったですし、ホームページが一番わかりやすく圧倒的スピード感もバシバシ感じたので
もしお願いするなら「退職代行EXIT」さんだなと思いました。

お値段だけ見るとお高く感じるかもしれませんが
私はこのお値段で退職できるなら安い・・・と感じる心の状態でした。

 

 

とりあえず次の給料日にしっかりと給料が支払われるかが重要です。
もし1日でも給料が遅れるようであれば、即退職で問題ない!
退職を受理するとか受理しないとかそういう問題じゃないっつーの。

 

<つづく>

 

 

 

\退職に困ったときは退職代行/

退職代行EXIT 詳しくはコチラ

 

 







  • この記事を書いた人
mememe

mememe

30代半ばの会社員です。 アパレル業界の端くれで働きながら約15年。5回の転職を経験しました。 アパレル、ファッション業界の転職について書きたいことを書いていきます。

-退職代行
-,

© 2020 ファッション、アパレル業界の転職を本音で語る